« 木もれびの森 | トップページ | 伊勢原・渋田川 »

2017年4月16日 (日)

多摩森林科学園

<写真をクリックすると拡大します>

自力で歩けるようになりたい、可能なら山歩きが出来るようになりたい。
…ずっと思ってきた。自分が住む集合住宅の周りや近くの公園など
歩行器や杖(ウォーキング用ポール=二本杖)を使い歩行リハビリにも励んできた。
「いい天気だし、少し遠くに行こうか」
妻の声掛けに喜んで応じた。

久しぶりの中央線、町田、八王子と乗り換え高尾駅に10時5分。
10分ほど歩いて多摩森林科学園。

Sp4140070
園内に入れば早速第2樹木園。森の中はただいるだけで胸がドキドキする。

Sp4140074
森を抜ければサクラ保存林。あの階段道、登れるだろうか…。
不安は考動することで解決する。頼れるサポーターがすぐ後ろについているし…。
このルートは仲通りと呼ばれ、階段の急坂は夫婦坂と呼ばれている。

Sp4140076
山の斜面に咲く桜。
空の青さと桜の白みがかったピンクのコントラストが素晴らしい。
思わずみとれてしまう。けれど足元だけは慎重に。

Sp4140084
上の斜面に階段状の休憩所が見えた。
関山ベンチだ。あそこまで頑張ったらお昼にしよう。

Sp4140085
お昼を摂りながら振り返る。こんなに登って来たんだ。
頭や足元の安定しない体でよく来れたものだ。

Sp4140106
山の上あずまやから山腹を回り込むルートの滝見通りへ。

谷に枝を伸ばす桜にカメラを向ける。
「山側に寄りなさい!」
妻に注意された。谷側に寄りすぎるのは下が見えるぶん自分でも怖さを感じる。
斜面を横切るようなルートでは、妻が谷側を歩いてくれることで安心感がある。

Sp4140123
下に柳沢林道が見えた。里桜園を回ったらあの林道に入のだ。
天気に恵まれ歩いている人が多い。
未舗装で砂利道だけど道幅が広いから杖突き歩行でも大丈夫。

Sp4140140
途中から昭和林道に入る。かなり急な上りだ。

Sp4140142
見晴あずまやから下界を眺める。山肌を彩る淡いピンクと緑に心の奥まで洗われそう。
関山ベンチまで登り返し見返り通りに入る。

Sp4140176
「〇〇通り」はいわゆる山道だ。山腹を横切ったり尾根上を通ったりで道幅が狭い。
狭い道の急な下りや階段は怖い。妻の肩を借りたり手すりにつかまったりで慎重に。

Sp4140185
関山ベンチの下から釣舟草通りに入る。

Sp4140189
山の斜面があんなに高くなった。もうだいぶ下ってきたのだ。

Sp4140215
来たときに通った第2樹木園を通って森林科学館へ。
館内の展示を一通り見学してから外の広場で休んだ。

整備された道とはいえ自分の重みを感じながら高みを目ざすことで
山を歩くという目標がまた一歩近づいた気がする。
頑張った自分に拍手を贈ろう。サポートしてくれた妻に感謝の言葉を贈ろう。

多摩森林科学園
参考URL:http://www.ffpri.affrc.go.jp/tmk/

« 木もれびの森 | トップページ | 伊勢原・渋田川 »

山・歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559408/65158018

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩森林科学園:

« 木もれびの森 | トップページ | 伊勢原・渋田川 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ