« 一番きれいだったとき | トップページ | 多摩森林科学園 »

2017年4月12日 (水)

木もれびの森

昨年8月の手術から7ヶ月、10月の退院から5ヶ月過ぎた。
今はリハビリを兼ね、晴れた日はできるだけ歩くことにしている。
冷たい雨が降り強い風が吹いた日の翌12日「木もれびの森」に出かけた。
Sp4120016_4
9時30分家を出る時、白く染まる秩父・奥多摩方面の稜線を見る

大沼地下道の先、楽しみにしていた春の風景「花桃の並木道」。

Sp4120053_2
しかし今年は様子が変だ。枝先にチョコチョコ咲いているだけ。

Sp4120054_2
伐りすぎてしまったのだ。細い枝先にしがみつくように咲く花が健気だ。

木もれびの森。散歩道。
芽吹き始めの若葉がみずみずしい。

Sp4120082_2
息を吸い込めば体まで若葉色に染まりそう。

いくつかの市道を越える。
イヌシデ広場とコブシ広場も過ぎる。

Sp4120093
目に映る光景をどう書けばいいのだろう?
けれど上ばかり見て歩くわけにはいかない。
散歩道の所々には木の根が浮き出ているからだ。

中央緑地。
Sp4120114
葉が赤っぽいのはまだ葉緑体が作られていないから。

シダレ桜
Sp4120126
去年も見た。一昨年も見た。今日で3年連続。
今年も同じ光景を見る事が出来たって素晴らしいことではないか!

Sp4120120
健康を維持し好奇心と生きる意欲を保ち続ければ、、来年だって…。

慰霊塔
Sp4120152
風にのって花びらがハラハラと舞う境内。
入口に「祈 平和」の石碑を見る。
きな臭さの漂い始めている今、心から願う。

おかしなことはおかしい!と言いたい。

Sp4120161
美しいものを素直に美しいと言えるように 
いつでも自由でありたい

相模大野中央公園
Sp4120173
軟弱と言われてもいい。花を愛でる柔らかな心を大切にしたいと思う。

12時45分家に戻る。
Sp4120188
共有廊下から見る。丹沢稜線は雲の中。雪が降っているのかもしれない。
今日の歩行カウント14,478歩。

※何日か後、HP「ようこそ! 山へ!!」に紀行文としてUPします。

« 一番きれいだったとき | トップページ | 多摩森林科学園 »

山・歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559408/65142780

この記事へのトラックバック一覧です: 木もれびの森:

« 一番きれいだったとき | トップページ | 多摩森林科学園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ