« 早朝散歩(歩行リハビリ) | トップページ | 緑道~相模大野中央公園(早朝リハビリ散歩) »

2017年7月30日 (日)

大賀ハス(古代ハス)

薬師池のハスが見ごろを迎えている…という記事が目に止まった。
「行ってみたいね。」
ネットで調べた妻が早速計画を立ててくれた。

--------------------------------------

S1_dscf0885
7月27日(木)早朝の薬師池。
ハス田のそちこちにつぼみや花が見える。
緑濃い葉とピンクの花弁が好対照だ。


S2_dscf0889
ハスの花が開く時間は早朝。また、一番美しいのも早朝。
ハスの花は、開いて閉じてを3日間繰りかえし、
4日日、花弁は全部散ってしまう。


S3_dscf0905
1日目 早朝5時から6時頃より開きはじめる。
蕾の先が4~5cmほど開花するとそれ以上は開かず、
やがて元の蕾の状態にもどる。


S4_dscf0882
2日目、早朝7~8時頃までに開花する。
この時の花が最も美しく、花の色も鮮やか。
花托も黄金色に輝き、オシベからの香りが最も強い。
花は少しずつ閉じて昼頃までには完全に元の蕾の状態にもる。


S5_dscf0881
3日目、早朝より咲きはじめ8時頃までに完全に開く。
オシベは受粉して柱頭が黒くなる。
花は昼頃から閉じはじめ 半開のまま4日日を迎える。


S6_dscf0916
4日目、夜半より開きはじめ早いものは9時頃より花弁が散りはじめる。
午後には完全に散って、花托とオシベだけが残る。

-------------------------------------

大賀ハスが開花する瞬間に音がするとか。
その音を聞いた者には、幸せが訪れるという言い伝えがあるという。
本当に音がするのだろうか。本当なら聞いてみたい…と思った。

S_13_3
ここををクリックすると→ ユーチューブの動画 が開きます。

開花に伴う音を聞くことはなかった。
実際の実験・観察でも音はしないという。

--------------------------------------

S12_2
音を聞くことは出来なかった。
けれど、弥生時代の地層から発見され、
2,000年の時を経て現代によみがえったハスの花に
時を越える生命力の強さ、悠久のロマンを感じながら歩いている。

« 早朝散歩(歩行リハビリ) | トップページ | 緑道~相模大野中央公園(早朝リハビリ散歩) »

山・歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559408/65598796

この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハス(古代ハス):

« 早朝散歩(歩行リハビリ) | トップページ | 緑道~相模大野中央公園(早朝リハビリ散歩) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ