« スティ ホーム | トップページ | 憲法記念日 »

2020年4月28日 (火)

未来へ!

ここ数日の新聞見出しを追ってみた。(参考:朝日新聞)
・「感染しても病院で治療出来ない」
 オランダ 高齢者に非情通告(2020.04.18 朝刊9面)
・フランス介護崩壊 死者4割が集中
 残された遺体 職員は勤務拒否(2020.04.23 朝刊1面)
・給食なし 苦しい低所得世帯
 子のお昼分 母は夕食抜き4㌔やせた(2020.04.22 朝刊21面)



医療に、介護に、経済に、暮らしに…、新型コロナウィルスは大きなダメージを与えている。
コロナ感染症が終息しても、今の社会の仕組みが現状のまま続くようには思えないほど深刻。
長引く自粛(stay home)と、見通せない未来への、漠然とした不安が気持ちをよけい重くさせる。

そんな今朝(4/28)、起きていつも通りにラジオのスイッチを入れた。
「これは明るいニュース!」
『FMヨコハマ ちょうどいいラジオ』DJの声が耳に入った。
”感染の母が無事出産、赤ちゃんも陰性”
さっそく検索した。
” 北里大学病院(相模原市南区)は27日、新型コロナウイルス肺炎を発症した妊婦が今月上旬に出産した、と発表した。新生児は感染しておらず、出産後に肺炎の治療を受けた母親と一緒に元気に退院したという。”
(カナロコから引用)https://www.kanaloco.jp/article/entry-341283.html
気の重くなるようなニュースが続く中で、これは確かに明るく嬉しいニュース。


Pc080066_m
                    ブナの実生
生まれたばかりの生命、強くたくましく育てと願う。
半年後、一年後…、の姿を想像する。
そこに確実な未来を見ることができるから。


Dscf4818_mm
      オオイヌノフグリ(医療従事者に感謝=青色は英国の国営医療サービスのシンボルカラー)
過酷さを増す医療や介護・暮らしを支える現場で働く人々に感謝。
コロナ後の未来にも生き続けるために、今できることは「自粛(stay home)」と言い聞かせている。

« スティ ホーム | トップページ | 憲法記念日 »

心・つぶやく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スティ ホーム | トップページ | 憲法記念日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ